3Dプリンタースタジオ


野菜工場が下北に!3Dプリンターと水耕栽培の新しい試み

野菜工場と3Dプリンタ — Medium

特徴・まとめ

・下北沢にあるコワーキングスペース、オープンソースカフェで開始
・オープンソースカフェのオーナーTsutomu Kawamura (@cognitom)によるプロジェクト
・2014年夏に室内で栽培できる冷蔵庫のような既成品を設置
・自分でも作ってみたいということで3Dプリンター「UP Plus 2」を購入
・まず野菜サポート台やパーツを施策
・水耕栽培ビニール袋タイプが第一弾
・第二弾はペットボトル型として現在開発中とのこと
・隔週土曜日にモノづくりイベントをコワーキングスペースで開催、
開発中の水耕栽培キットを見られるかも
12月13日
Shimokita.make #3
12月20日
Shimokita.make #4

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

吉田 涼
吉田 涼
新しいものとモノづくりが大好きで、webサイトやスマホアプリ、木工品、ビーズアクセサリーの制作にハマっている中、3Dプリンターに出会い、可動するものが作れることに衝撃をうける。自分でも何か作れるかもしれないと思い、3Dプリンターのことを調べたが、よくわからなかったため、調べたことをwebサイトに掲載する3Dプリンタースタジオを開設し、ファウンダーとして活動中。

関連するトピック