3Dプリンタースタジオ


子供でも簡単!3Dプリントできるお絵かきアプリ『ボクスケ』

3Dプリントできるお絵かきアプリ「ボクスケ」(3Dプリンター対応)

特徴・まとめ

・子どもでも簡単に3Dプリンターでものづくりが体験できるタブレットアプリ
・運営は、3Dプリントものづくりマーケット「rinkak」も手がけている株式会社カブク
・rinkak 3D Print Cloud APIを使ったアプリ
・お絵描き感覚で描いた絵がリアルタイムで3Dモデルデータに変換される
・タブレットに表示されるマス目を指でなぞりながら形を作製
・同時に3Dモデルのプレビューを確認できるので、感覚的な動きで作製することができる
・iOS、Androidに対応
・2013年11月3、4日に開催されたMaker Faire Tokyo 2013で体験ブースを出展
・現時点ではまだ一般公開されていない(2013年11月現在)

rinkak 3D Print Cloud APIについてはこちら
https://www.rinkak.com/api/v1/developers

紹介動画

ボクスケ 〜3Dプリントできるお絵かきアプリ〜 from kabuku PR on Vimeo.

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック