3Dプリンタースタジオ


スーパーヒーローになれる!レゴになれる!覆面も作れる!『ThatsMyFace』

ThatsMyFace

特徴・まとめ

・顔写真を送ると、3Dの顔が作成され、カスタムアクションフィギュアなどに仕上げてくれるサービス
・胴体部分は、約10cm、15cm、30.5cmのフィギュアや、ミニメイト、レゴなどからも選べ、顔だけのマスクとして仕上げる事もできる
・フィギュアのボディタイプは、スーパーマン、アイアンマン、ワンダーウーマンなど
・カスタムアクションフィギュア(約30.5cm)を制作したい場合は、自分の顔写真データを送る際に、フィギュアのボディタイプ、ヘアースタイル、肌の色、を選択し、オプションでスタンドやディスプレイボックスも追加可能
・カスタムマスクは装着可能なタイプもあり、同サイトから紹介されているビデオ「That's My Face!」は、整形した友達の顔が、自分と全く同じだったというストーリーで、その仕上がりの良さが確認できる
・顔の3Dデータは作成無料で、ユーザーの顔写真と3Dデータのギャラリーページも設置されている

料金・注文の流れ

顔写真からの3Dデータ作成は無料,
カスタムアクションフィギュア $99〜,
カスタムレゴヘッド $49〜,
カスタムマスク(装着可能)$299〜
詳しい価格表

紹介動画

MAXIBON presents... MAXIBLOKES (FULL)
ThatsMyFace公式youtubeページ

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック