3Dプリンタースタジオ


「ぼっち」なのに大人気。哀愁漂うフィギュア『リトル・サッド・キアヌ・リーブス』が日本でも発売

A Little Sad Keanu Reeves by neuralfirings on Shapeways

特徴・まとめ

・3Dデータや、3Dプリンター出力した作品のマーケットサイト、shapewaysから販売されている、キアヌ・リーブスのフィギュア
・キアヌは、町中で一人でいる姿があまりにも寂しそうだという事でも知られており、shapewaysのフィギュア出品者neuralfiringsが、その様子を3Dプリンターで作成した
・shapwaysでは「A Little Sad Keanu Reeves」、「An Itty Bitty Sad Keanu」という商品名で販売されており、日本では、アメリカントイズから「キアヌ・リーブス ぼっち フィギュア」として販売されている
・アメリカントイズでは、発売直後に一時品切れとなってしまうほどの人気商品となっている
・3Dプリント素材は、サンドストーンのフルカラープリント
・フィギュアのサイズは、5.4cmと4.4cmの2種類(アメリカントイズでの価格:大サイズ8,980円、小サイズ5,980円)
・実際にこのフィギュアを手渡されたキアヌの映像では、「オーマイゴッド!」と戸惑いつつも、早速フィギュアで遊ぶ様子がうかがえる

紹介動画

Keanu Reeves Meets His Sad Keanu Meme

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック