3Dプリンタースタジオ


Sense 3Dスキャナーを使ってみた 国内ユーザーの声まとめ

特徴・まとめ

3D systems社から発売されている「Sense 3D スキャナー」は、小型ハンディタイプの3Dスキャナーです。
高価なイメージのある3Dスキャナーですが、399ドルという異例の低価格で発売開始されたため話題になりました。
日本円にすると4,5万円代で購入できるので、3Dに興味のあるみなさんが続々と購入しておその使用レポートがWEBにあがっています。
使い勝手は?精度は?気になるポイントがまとまった充実のレポートを厳選してまとめました。ご購入、使用の際にはご参考にどうぞ!


■3DスキャナーSenseを使ってみた エピソードⅠ


<スキャン対象>人
<記事内容>スキャンレビュー
http://yokalab.jp/blog/post/18

福岡・天神にある小ワーキングスペース、ヨカラボ天神からのレポートです。
写真をふんだんに使って、人をカラースキャンするまでの流れが細かくレポートされています。
スキャン中の様子や失敗例まで丁寧に追っているので、読みながら自分自身もスキャンを体験している気分に。
記事の終わりには、スキャンして出来上がった3Dデータが、3つの角度から掲載されいます。
人間をカラースキャンしてみたい方には参考になる画像資料です。


■3DスキャナーSense使ってみた エピソードⅡ(完)


<スキャン対象>人
<記事内容>ソフト使用レビュー
http://yokalab.jp/blog/post/19

上記と同じく、福岡・天神にある小ワーキングスペース、ヨカラボ天神からのレポートです。
スキャン後に付属のソフトの使い方について、順を追って説明しています。
ソフト上で指定された5ステップに沿って、実際に使ってみてつまづいたポイントや、後から気がついた初期設定のコツまで、情報がたくさんの充実レポート。
ひとりでスキャンしてみてわからなくなったら、まずはここのページを参考にすれば編集作業には困らなさそうですね!


■【3Dスキャナー Sense】使用体験レポート! - スキャン篇


<スキャン対象>モノ(1mほどのオブジェ)
<記事内容>スキャン/ソフト使用レビュー
https://media.dmm-make.com/item/803/

DMM make部 による使用レポートです。スキャンしたものは1mほどの大きなヒツジのオブジェ。
ヒツジのもこもことした毛並みまで、しっかりとスキャンできるのかどうか気になるスキャン対象です。
スキャンしたあとのソフトでのデータ調整が記事のメイン。
複雑な形状のヒツジデータが、みるみる本物に近づいて行く様子を見ることができます。


■Cubify の 3Dスキャナ ‘Sense’


<スキャン対象>モノ(アニメフィギュア)
<記事内容>スキャン/ソフト使用/出力レビュー
http://www.fumi2kick.com/komekame/archives/2049

工学社「書籍「3Dプリンタ」で遊ぼう」を執筆された、rerofumiさんのブログからのレビューです。
完成品のアニメフィギュアをスキャンすると、どこまで精度が高く再現できるのか、という試み。
小さなフィギュアではスキャン距離があるため解像度的に厳しそうです。
記事の後半では、大きめのフィギュアをスキャンして、データ修正せずそのまま出力するとどうなるか、という実験を画像数点で紹介されています。 
3Dスキャナを使ったフィギュア複製や、3D出力の精度が気になる方はぜひ一度ご覧下さい!


■価格.com - Sense 3D Scanner のユーザーレビュー・評価


<スキャン対象>モノ(ティッシュケース)
<記事内容>スキャン/ソフト使用レビュー
http://review.kakaku.com/review/K0000618728/

価格.com上のレビュー数はまだ少ないのですが、concokuさんによるレビューが細かく、購入の参考になりそうです。
デザイン、読取速度、解像度、機能性、サイズなど、様々なポイントから使用者ならではのレビューが紹介されています。使用しているときに気になった動作について細かくレビューしている記事は他にないので、使用前に読んでおくと、イラっとポイントを回避できるかもしれません。


以上の記事、みなさんの参考になりましたか?
まだ日本国内で販売代理されてから日が浅いので、ユーザーレビューは少なめですが、これからどんどん増えていきそうですね。
もしこれを読んで購入したら、ぜひ、「使ってみた」記事を公開して教えてください!

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

関連するトピック