3Dプリンタースタジオ


3Dプロダクトを製造・販売できるマーケット『rinkak』

rinkak | 3Dプリンター・3Dプリントのものづくり&マーケットプレイス

特徴・まとめ

・3Dプリントものづくりマーケット
・3Dデータをアップロードし、プロダクトの製造と販売ができる
・製造に使える素材は、プラスチック、ラバー、陶器、金属、フルカラー石膏など37種
・オリジナルプロダクト、ライセンス(クリエイティブ・コモンズ)の表記がある
・既存のデータをマッシュアップして再利用できる(できなくなった?情報求む)
・既成品を購入することができる
・ファンやお気に入りなどのコミュニティ要素が豊富
・3DプリンターニュースサイトDigitalMadeMagazineを運営

料金・注文の流れ

・会員登録は無料
・プロダクトの出品は月10個までの出品が無料。11個以上は、「ショップシステム掲載料」として、1プロダクト毎に月50円
・出品者には、30%のショップシステム手数料とPayPal振込手数料を差し引いた金額が振り込まれる
・売り方、買い方のチュートリアル

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック