3Dプリンタースタジオ


デアゴスティーニから3Dプリンターが作れる『週刊 マイ3Dプリンター』が登場、創刊号は999円

『週刊 マイ3Dプリンター』| デアゴスティーニ・ジャパン

特徴・まとめ

・定期購読でおなじみのデアゴスティーニの3Dプリンター版
・1号ごとに3Dプリンターのパーツが付属し、idbox!という機種名の3Dプリンターが全55号で完成
・パーツの組立は家庭用のドライバーとレンチででき、特殊な機材は不要
・idbox!は軽量でコンパクト、スケルトンが特徴
・対応ソフトはRepetier Hostのidbox!カスタマイズ版(Repetier Hostは無料ソフト)
・監修はBS01を販売している日本メーカーのボンサイラボ
・パーツを組み立てながら3Dデザインが学べる冊子付き
・出力素材PLAフィラメントと3Dプリンター専用シート「ビルドタック」が創刊号〜第45号の購入で読者全員にプレゼントされる
・創刊号は999円(税込・送料無料)

料金・注文の流れ

総額 約108,891円(全55号、創刊号は999円、2号以降は通常1,998円)
詳しい価格表

紹介動画

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

吉田 涼
吉田 涼
新しいものとモノづくりが大好きで、webサイトやスマホアプリ、木工品、ビーズアクセサリーの制作にハマっている中、3Dプリンターに出会い、可動するものが作れることに衝撃をうける。自分でも何か作れるかもしれないと思い、3Dプリンターのことを調べたが、よくわからなかったため、調べたことをwebサイトに掲載する3Dプリンタースタジオを開設し、ファウンダーとして活動中。

関連するトピック