3Dプリンタースタジオ


日本語で3Dデータダウンロードをもっと手軽に!3Dデータシェアサイト『mono-logue(モノログ)』

 mono-logue モノログ | 3Dデータ無料ダウンロードサイト

特徴・まとめ

・株式会社オープンキューブが運営する3Dデータシェア&コミュニティサイト
・オープンキューブは、3DプリンターSCOOVO C170を製造している日本のメーカー
・日本語で閲覧できる3Dデータのダウンロードが可能なサイトを設置する事で、国内の3Dプリントコミュニティの向上を目指す
・無料で3Dデータのダウンロードとアップロードができる
・ユーザ同士でコメントを投稿できる(facebookアカウントが必要)
・3Dデータのアップロードでは、著作権とクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを登録することができる

3Dデータギャラリー


サイト開設記念「mono-logue(モノログ)スタートキャンペーン!
・3Dデータを10個以上アップロードすると、1000円分のQUOカードがもらえる
・キャンペーン期間:11月19日(火)19:00~12月3日(火)19:00

料金・注文の流れ

無料(3Dデータシェアにはアカウント作成が必要)

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック