3Dプリンタースタジオ


3Dアートしたい人、ここに集まれ!創作空間『Makers' Base – Personal Brand Supporter 』

Makers' Base – Personal Brand Supporter -

特徴・まとめ

・Makers‘ は、いろんなジャンルで創作活動する人に、専用の創作空間(工房)を提供している
・3Dプリンターを含めた最新創作機器の貸し出しから、絵の具画材などの無料提供などを行っている
・初心者向けに機器の使い方を教える、「Entry-level」のワークショップを随時開催
(例えば、こちら3次元データを立体化「3Dプリンタ」講座など)
・Makers‘ Baseで制作した自分の作品を、作品の撮影からブランディングなど支援を受けられる
・会員の人達に、創作依頼をできる仕組みがある

設備・施設・機材

※施設
・3階建てで、様々なジャンルの工房、ギャラリーや、コミュニティーラウンジあり
・木工/金工/縫製/テキスタイル/デジタルファブリケーションという名で区切られている
・2階に3D造形物を製作できる部屋がある

※設備・機材など
・多岐にわたるジャンルの貸し出し設備や機材を完備
・切削と積層タイプ2種類の3Dプリンターを設置
・切削タイプは、木などの塊を使用して立体加工
・積層タイプは、樹脂やPLAの専用フィラメントを使用して立体物を出力可能
・レーザーカッター大型は、木材、アクリル、円柱のワインボトルなどを加工可能
・レーザーカッター小型は、アクリル、ゴム版などを加工可能
・3Dスキャナーが使用できる

※3D機材の加工できるサイズなど
・3Dプリンター切削加工サイズは、30.5×30.5×10.0cm
・3Dプリンター積層出力サイズは、28.5x15.3x15.5cm
・3Dスキャン可能適切サイズは、40×56cm
・レーザーカッター(大型)加工サイズは、81.3×45.7cm、切断可能高さは約1cm
・レーザーカッター(小型)加工サイズは、40.6×30.5cm、切断可能高さは約0.5cm

営業時間:10:00〜22:00
定休日:毎週月曜日 / 月4日間の休業日(前月15日までに発表) / 年末・年始
交通:JR山手線「目黒」駅より徒歩7分

料金・注文の流れ

※入会費:1,080円(税込価格)
・登録すれば、半永久的会員になれる

※日額利用費:3,240円(税込価格)
・希望日の1日間、Makers' Baseの施設/機器/資材(一部を除く)を利用できるプラン

※月額利用費:16,200円(税込価格)
・Makers' Baseの施設/機器/資材(一部を除く)を利用できる

※年額利用費:162,000円(税込価格)
・Makers' Baseの施設/機器/資材(一部を除く)を利用できる

※日額利用回数券:29,160円(税込価格)
・10回分の日額利用できる権利がついた回数券
・有効期限は、利用を開始した月から数えて3ヶ月後の月末まで利用可能

※機器を独占して利用したい場合、1日当たり20,000円(税抜)

・現金、クレジットカード、銀行口座振替の3種類から選択
・法人契約は、こちら法人シェア利用契約を参照
詳しい価格表

会場アクセス

Makers
東京都目黒区下目黒2-5-12

紹介動画

Makers Base

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

原 知也
原 知也
1982年生まれ。2010年10月より、好奇心を持ってアメリカのニューヨークに移り住み、今に至る。ライターとしてのお仕事は、これが始めて。元々、パソコン関係の話題は好きであったので、3Dプリンターの情報も好奇心を持って取り組めそうだけれど、うまく読者のみなさんにその情報をわかるように、客観的かつ読み応えがあるようにして書いていきます。

関連するトピック