3Dプリンタースタジオ


手軽に3D写真館を開業できる『フォトフィグ スタジオキット』

3D撮影・3D写真館開業システム

特徴・まとめ

・3D写真館サービスを手軽に開業できるキット
・町の写真館・フォトスタジオ・結婚式場・ホテル・アミューズメント施設などが対象
・複数台の高画質デジタル一眼レフカメラと、プログラミング処理可能な同時レリーズソフトウェア、
独自のターンテーブルからなる3D撮影システム
・最新鋭マルチカメラ3D撮影システムと、運営する有限会社ハウスオブアートの3Dモデリング技術によるバックアップで、低価格、イージーオペレーションを実現
・ハウスオブアートは、写真から3Dデータを作成するサービスFOTOFIGで培った3Dモデリング技術をこのサービスにも生かしている
・撮影時間(静止時間)は25~30秒で、一般的なハンディータイプの3Dスキャンよりもスピーディー
・高画質DSLRを利用したシステムで、高解像度・高画質を実現
・撮影したデータの3Dデータ化、フィギュアの3Dプリントは、ハウスオブアートが担当しており、別料金となる

ギャラリーページ

フォトフィグ スタジオキットに関するお問い合わせはhttp://izanagi3d.com/contact-2まで

料金・注文の流れ

フォトフィグスタジオキット 498000円,
3Dデータ化 15000円/1体,
フィギュアの3Dプリント 150mm 9800/1体、200mm 19800/1体、250mm 34800/1体、300mm 59800/1体、送料 1000円
詳しい価格表

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック