3Dプリンタースタジオ


ダンボール加工のプロフェッショナルが運営するものづくりカフェ『Cafe Labo(カフェ・ラボ)』

Cafe Labo(カフェラボ)デザイナーズカフェ

特徴・まとめ

・ダンボールを使った梱包や包装トータルコーディネートのプロフェッショナル、株式会社TKAMURAが運営するものづくりカフェ
・3Dプリンターは高機能のObjet30 Pro、3DスキャナはCREAFORM HANDYSCAN 3D EXAscanを使用することができる
・レーザーカッター、カッティングマシーン、インクジェットプリンタ(UV)、会議室も使用可能
・機材、会議室の利用は、電話またはメールでの予約が必要


作品ギャラリー
Cafe Labo Facebookページ

設備・施設・機材

レーザーカッター:UNIVERSAL LASER SYSTEM VSL6.60
カッティングマシーン:ヒューマンテック 2016XS-10 HC-2016-66
3Dスキャナー:CREAFORM HANDYSCAN 3D EXAscan
3Dプリンター:ALTECH Desktop 3D Printer Objet30pro
インクジェットプリンタ(UV):MIMAKI UFJ-3042HG

料金・注文の流れ

レーザーカッター:4000円/1時間,
カッティングマシーン:3000円/1時間,
3Dスキャナー:5000円/1時間,
3Dプリンター:基本料金40000円、素材費用120円/1g,
インクジェットプリンタ(UV):2000円(A3サイズ・白なし・プライマーなし)他,
有料会議室:2500円/1時間
詳しい価格表

会場アクセス

Cafe Labo(カフェ・ラボ)
〒103-0011東京都中央区日本橋大伝馬町11-10エディビル
東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅1番出口から徒歩約5分

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック