3Dプリンターを比較する ショッピング 3Dスキャナー UPDATE!!ニュース速報 出力サービス イベント 体験する NEW!!掲示板 3DCGデータ

竹とんぼを造形、飛ばして試験

3Dプリンター掲示板(仮) TOP テーマ一覧 作品紹介 竹とんぼを造形、飛ばして試験

 Kitten さんが 1 週 4 日前 に更新しました。

Viewing 1 post (of 1 total)
  • 作成者
    投稿
  • #1879

    Kitten
    参加者

    竹とんぼを作って飛ばしてみました。
    材料は竹ではなくPLAで羽根と回転軸に分け数種類造形し、高く上げるには
    どうすればよいかを検討した結果を記載します。

    ● 軽く製造すること。軽いほど、回転数が多いほど高く上がる。
    羽根の厚みは当初1mmでしたが0.7mmまで薄くしました。
    直径180mm幅20mm重さわずか3gです。
    PLAは固くて地面に落ちた衝撃で壊れるのではと危惧しましたが薄い板状では意外と弾力性があり壊れません。
    表面は紙ヤスリで磨き、滑らかに仕上げました。

    ● 羽根の水平からの傾斜角度を変えて造形し試験した所、20度が最も良く高さ5mを越えました。
    これ以下では回転数は上がるようですが揚力は小さく、これ以上では抵抗が大きく回転が上がらず、
    いずれも高く上がりません。

    ● 回転軸は羽根に設けた穴に押し込み羽根と一体となり、手で回して飛ばせます。
    こちらも軽く製造したほうが高く上がります。このため直径6mm厚み0.2mmの
    パイプ状にしました。表面はざらついて滑りません。
    長さは短いほど軽くなりますが垂直方向がふらつき安定しません。
    羽根の直径程度の長さは必要です、重さはわずか2g。
      
    ● 風が強いと高く上がらず風下方向に飛ばされます。
    機体が軽い為、風の影響を受けやすいようです。
      

Viewing 1 post (of 1 total)

このトピックに返信するためにはログインしなければなりません。