3Dプリンタースタジオ


シーメンス補聴器がオーダーメード補聴器製作に3Dプリンタを使用


シーメンス・ヒヤリング・インスツルメンツ(シーメンス補聴器)は、オーダーメード補聴器の製造に3Dプリンタ「Rapid Shape(ラビットシェイプ)」を導入したと発表した。

これは補聴器のシェルを3Dプリンタで製造するためで、ユーザーの耳の形によりフィットするシェルを製造する。ユーザーの耳型をスキャンし、PC上で設計した3Dデータを断面形状(レイヤー)で積層していくことで成形。このレイヤーの厚みは従来は100μmだったが、最小25μmとなる。また、製造時間を約25%短縮できるという。

Rapid Shapeで成形されたシェルは、神奈川県相模原市にあるシーメンスの工房で、部品の組み込みと最終的な仕上げを行う。それぞれのユーザー個人の聞こえ方やニーズに合わせてシェルを削り、磨き上げ、内部の精密部品の位置を調整していく。

シーメンス補聴器がオーダーメード補聴器製作に3Dプリンタを使用

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

関連するトピック