3Dプリンタースタジオ


7万円を切る低価格RepRap3Dプリンタ


RepRapの資産を活用することで低価格を実現した3Dプリンタが登場した。マイクロファクトリーが販売するRepRapの3Dプリンタ「PRN3D」は、組立キットで税別4万9800円、組立済完成品で税別6万9800円と低価格を実現している。

PRN3Dは、モーター軸直結の送り出しギアを採用。減速ギアによるバックラッシュが無く高いレスポンスと精度でフィラメントを操作する。また、エクストルーダー直下に最小距離で設置。長さ26mmのバレルはフィラメントのレスポンス遅延を極小する。インターフェースはRepRap gen6準拠となっている。

さらに、熱変形を抑える高い剛性のヒーテッドベッドを搭載した。一般的な厚さにくらべ2倍の3.2mmとすることで高い剛性を確保している。造形エリアは 170×170mm、フィラメントは1.75mm PLA 、ABS 、最小積層ピッチは0.05mm (50μm)。

3Dプリンタのネックはなんといっても価格。しかし、今回の製品程度であれば、一般でも手が届く価格帯だ。低価格化が進むことを願いたい。

7万円を切る低価格RepRap3Dプリンタ

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

関連するトピック