3Dプリンタースタジオ


ScoovoX4

SCOOVO X4 | アビー

特徴・まとめ

・アビー株式会社に株式会社オープンキューブが統合されてから、初の3Dプリンター
・上位モデルのScoovoX9と同等の、積層ピッチ最小50ミクロン(0.05mm)を実現
・パーソナルユースでありながら、ビジネスシーンでも十分に使用することができる
・本体の奥行きわずか26.7cmで、設置場所を選ばない
・本体には、その構成のおよそ9割に日本製の部品を採用してる
・海外メーカーの3Dプリンタと比べて、ランニングコストが低い
・出力最大サイズは、幅14.0cm x 高さ18.0cm x 奥行き10.0cm
・10色の純正PLAフィラメントを選択可能
・ファイルデータ転送方法は、USB2.0ケーブルを使用
・サポートOSは、Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 (32bit / 64bit対応)
・発売予定日は、2014年 6月25日(6月9日よりアビーストアにて先行予約開始)
・発売予定場所は、アビーストア、全国の家電量販店と小売店
・1年間無償保証を付帯

料金・注文の流れ

139,800円(税込) (税抜129,444円)
詳しい価格表

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

原 知也
原 知也
1982年生まれ。2010年10月より、好奇心を持ってアメリカのニューヨークに移り住み、今に至る。ライターとしてのお仕事は、これが始めて。元々、パソコン関係の話題は好きであったので、3Dプリンターの情報も好奇心を持って取り組めそうだけれど、うまく読者のみなさんにその情報をわかるように、客観的かつ読み応えがあるようにして書いていきます。

関連するトピック