3Dプリンタースタジオ


Cube Pro

Cube Pro

特徴・まとめ

・CubeProとして、CES2014で発表された
・1ヘッド出力(CubePro)最大サイズは、幅27.3cm x 高さ27.3cm x 奥行き24.1cm
・2ヘッド出力(CubePro Duo)最大サイズは、幅22.9cm x 高さ27.3cm x 奥行き24.1cm
・3ヘッド出力(CubePro Trio)最大サイズは、幅18.5cm x 高さ27.3cm x 奥行き24.1cm
・積層ピッチは最小0.07mm、SDModeは0.2mm、Fastmodeは0.3mm
・プリンターのスピードは、ポリマー次第ではあるが、1秒あたり最大15mm
・出力ヘッドが機種によって三つまであり、三つまでの色を同時に出力可能
・24色選択可能で、そのうち2色は蛍光色
・使用できる素材はPLA、ABS、dissolvable natural PLA、(nylonもいづれ対応)
・Nylonが対応可能になれば、熱や加重に対して、より耐性のある造形物を作ることができる
・ABS出力時の確度が向上している
・Wifiや本体に搭載されたタッチスクリーンでも操作可能

料金・注文の流れ

$2799(CubePro), $3399(CubePro Duo), $4399(CubePro Trio)
詳しい価格表

紹介動画

Tutorials

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

原 知也
原 知也
1982年生まれ。2010年10月より、好奇心を持ってアメリカのニューヨークに移り住み、今に至る。ライターとしてのお仕事は、これが始めて。元々、パソコン関係の話題は好きであったので、3Dプリンターの情報も好奇心を持って取り組めそうだけれど、うまく読者のみなさんにその情報をわかるように、客観的かつ読み応えがあるようにして書いていきます。

関連するトピック