3Dプリンタースタジオ


3Dプリンター比較表・機種一覧

3Dプリンターを一挙ご紹介します。
掲載している3Dプリンターは主に消費者向け3Dプリンターです。

もし、追加して欲しい情報や間違っている箇所がありましたら、
「左下のお問い合わせはこちら」までお願いします!

このページをブックマークしよう!
新しい機種、新しい情報を発見次第、追加していきますので、
定期的にチェックすることをオススメします。

1~57件を表示 / 全57件
製品名 製品画像 料金 素材 積層ピッチ 特徴
製品名 製品画像 料金 素材 積層ピッチ 特徴
1. 大人気!!
週刊 マイ3Dプリンター
株式会社デアゴスティーニ・ジャパン
PLA,ABS, 0.1 ・定期購読でおなじみのデアゴスティーニの3Dプリンター版
・1号ごとに3Dプリンターのパーツが付属し、idbox!という機種名の3Dプリンターが全55号で完成
・パーツの組立は家庭用のドライバーとレンチででき、特殊な機材は不要
・idbox!は軽量でコンパクト、スケルトンが特徴
・対応ソフトはRepetier Hostのidbox!カスタマイズ版(Repetier Hostは無料ソフト)
・監修はBS01を販売している日本メーカーのボンサイラボ
・パーツを組み立てながら3Dデザインが学べる冊子付き
・出力素材PLAフィラメントと3Dプリンター専用シート「ビルドタック」が創刊号〜第45号の購入で読者全員にプレゼントされる
・創刊号は999円(税込・送料無料)
2.
Form 1+
formlabs
合成樹脂 0.025, 0.050, 0.100 ・セットアップからプリントまで15分程度
・USB接続でボタン1つでプリント開始
・1世代前の機種の1.5倍の速度を実現
・プラスティック押し出し式の3Dプリンターでは対抗できないほど美しく出力できる業界標準である光造形法を採用
・レーザーは0.01mm以下の制度で動くので、プラスティック押し出し式の3Dプリンターよりもより精密であり、驚くほど滑らかに表面を仕上げることができる
3.
AGILISTA-3100
株式会社キーエンス
お問い合わせ
株式会社キーエンス

透明レジン 0.015mm ・国産高性能3Dプリンター
・クラス最高の積層ピッチ15μm(0.015mm)
・水につけるだけで除去できる水溶性サポート材を採用
・オフィス使用を想定した設計
・造形モデルの姿勢や配置などを自動で行なうAutoモード、自分で細かく設定できるManualモードから選択
4.
Davinci 1.0
XYZプリンティング
69,800円
株式会社ビックカメラ

69,800円
株式会社ソフマップ

ABS, 0.1 ・CES 2014で EDITORS CHOICE AWORDを受賞
・台湾のKinpoグループの傘下企業、XYZプリンティングが販売
・出力最大サイズは、幅20.0cm x 高さ20.0cm x 奥行き20.0cm
・積層ピッチは0.1mm
・使用できる素材はABS(12色)
・USB接続
・ディスプレイは日本語表示対応
・ウェブサイト内にあるギャラリーから3Dモデルデータをダウンロードすることができる
・ギャラリーの3Dモデルデータ詳細には、プリンターの設定に関する推奨情報が記載されており、初心者にもやさしい
5.
AFINIA H479
Microboards Technology
198,000円
Microboards Technology

ABS, 0.15~0.40 ・パーソナルタイプとしては高い出力精度
・日本語マニュアル付属
・付属の専用ソフトウェアは、主要部分が日本語
・国内で修理を受けられる
6.
McorIRIS
Mcro Technologies
5,880,000円
株式会社ジェービーエム

A4標準オフィス用紙USレターサイズ標準オフィス用紙 0.1 ・世界初の廉価版 光硬化式3Dプリンター
・A4標準コピー用紙を原材料にできるフルカラー3Dプリンター
・100万色以上の表現が可能(石膏は最高39万色といわれている)
・ランニングコストは樹脂に比べて約1/20
・8月の販売開始に向け先行予約受付
・株式会社ジェービーエム(日本)が販売代理店を募集
・関東支社(新横浜)にて、7月中旬より個別デモストレーションとサンプル作成を予定
7.
DS1000
スマイルリンク株式会社
PLA,ABS,ナイロン推奨フィラメントあり 0.05~0.35 ・モノづくりスペースMONOから生まれた3Dプリンター
・コンパクトな3Dプリンター
・日本語でのサポートやコミュニティ形成にも配慮
・オープンソースを利用した日本製3Dプリンター
・スマイルリンク(株)とディビジョンエンジニアリングの共同開発
・マニュアル、セットアップ動画などを日本語で提供(予定)
・ネット上のコミュニティサイトを設置(予定)
・コミュニティサイトを通じて使い方や活用事例等の共有化を目指す
・購入予約者には無料体験界を実施(予定)
8.
Objet24
ストラタシス・ジャパン(本社は米国Stratasys)
お問い合わせ
アルテック株式会社

VeroWhitePlus RGD835(硬質 白) X軸600dpi,Y軸600dpi,Z軸900dpi ・積層解像度は28ミクロン(0.028mm)
・材料は光硬化樹脂
・最大出力サイズは234×192.6×148.6 mm
・水だけでサポート材を除去できる。
9.
UP Plus 2
Delta Micro Factory Corporation
199,800円
BRULÉ, Inc.

199,500円
株式会社サンステラ

PLA,ABS, 0.15 オートキャリブレーション機能搭載
ソフトウェアでプラットフォームの高さが自動調整される
熱溶解式(FDM)を採用
卓上に設置できるコンパクトサイズ
10.
BS01
BONSAI LAB.
PLA,ABS, 0.1 ・日本では初めての、クラウドファンディングを通じて販売される3Dプリンター
・日本製で、住環境に配慮したコンパクトサイズと、親しみやすいカラーバリエーション
・開発から組立、サポートまで日本語で対応
・日本の3Dプリンター普及を目指し、低価格のモデルから用意されている(79,800円〜)
・素材はPLAとABSが各12色あり、色は今後増える予定
・積層ピッチは0.1mm
・プリントスピードは毎秒100mm
・最大造形サイズは幅150mm、奥行き130mm、高さ100mm
・オプションでデュアルヘッドに対応予定(2014年3月予定)

<購入に関する特徴>
・クラウドファンディング「ボンサイラボ」から「支援」を通して購入
・「支援」した3Dプリンターが目標金額に達すると、資金調達が成功となり、プロジェクトが確定。支援したユーザに3Dプリンタが届く
・期間は12月6日(金)午前0時~12月26日(木)深夜24時までの21日間

==================

BS01 (Bonsai Mini)

=FEATURES=
•The first Japanese 3D printer that is sold on a cloud funding website.
•Made by BONSAI LAB, Japan.
•Designed to set on a desk with the compact body and friendly color variation.
•Reasonable price range for ease of buying and contributing to the spread of 3D printers in Japan.
•Seven different grades are available from around from $800 to $1400 (79800yen to 139800yen).

=SPECIFICATION=
•Machine Dimensions:
• Build Volume: 5.9”W x 5.1”L x 3.9H” (150 x 130 x 100 mm )
• Build speed: 100mm/sec
• Layer Resolution: 0.1mm
• Extruder(s): Single (Dual heads option will be released in March, 2014).
• Print Material: PLA, ABS

To order BS01 (Bonsai Mini), visit the cloud funding website Kibidango.

BONSAI LAB.
Tokyo, JPAN
info@bonsailab.asia
11.
ProDesk3D
botObjects
PLA,PVA,ABS, 0.025mm ・フルカラーFDM方式
・材料は5色のPLAカートリッジ
・サポート材はPVA。ABSはスタンダードパッケージには含まれない。
・オートセットアップ
・Tri-fan system
(Tri-fan systemについて公式よりコメントあり。
「プリンタから出力されたフィラメントを冷却するためのもので、
3つの冷却ファンによって空気の温度と流量をうまく制御するのに特化したシステム」)
12.
Form1
formlabs
独自開発レジン 0.025mm ・コンパクトサイズ
・「光造形法」によりハイクオリティなプリントが可能
・現在のところ素材の色はクリアー(透明)と、グレー
・米国のクラウドファンディング「kickstarter」で$2,945,885を調達
・日本の代理店ゲッコー・アンド・カンパニーにて予約受付中で、2014年2月27日から出荷開始予定

13.
Objet30 Pro
ストラタシス・ジャパン(本社は米国Stratasys)
お問い合わせ
アルテック株式会社

クリア材料高耐熱性材料硬質グレー材料硬質ブラック材料硬質ブルー材料硬質ホワイト材料硬質ポリプロピレンライク材料すべてObjet特製 X軸600dpi,Y軸600dpi,Z軸900dpi ・価格は高いが、圧倒的高機能。
・積層解像度は0.028mm(VeroClear使用時は、0.016mm)
・7種類の材料を利用できる
14.
B9creator
B9Creations
560,000円
株式会社ホットプロシード

アクリルレジン 0.05 ・世界初の廉価版 光硬化式3Dプリンター
・ボディやヘッドが金属製
・アクリルレジンが1kgで2万円(税別)
・修理、サポートは国内で対応も
・積層方向の解像度は0.05mm?0.100mm
・ロストワックス(鋳造)が可能との噂も
・動画チャンネルで使い方やデモなどを配信
15.
MiiCraft
MiiCraft
437,000円
株式会社システムクリエイト

光硬化アクリル系樹脂(青/透明) 0.05 ・50万円以下の本体価格で一円硬貨よりも小さな造形を実現
・世界最小最高レベルの画質を持つPico DLPプロジェクターを搭載
・造形ユニット・材料供給ユニット・ポストキュアユニットが一体となったスチール製ボディ
・造形方式は熱融解でなく、光硬化型樹脂を使用した面露光式
・最小積層ピッチは0.05mm
16.
Mark One
Mark Forged
PLA,カーボンファイバー、ファイバーグラス、ナイロン 0.1 ・世界初、カーボンファイバーを使用できる3Dプリンター
・カーボンファイバーを使用する事で、ナイロンやABS樹脂使用時よりも高い強度の造形が可能
・素材はその他に、ファイバーグラス、ナイロン、PLAが使用でき、強度やコストなど優先したい条件に合わせて選択できる
・プリント方式はFFF(Fused filament fabrication)とCFF(Composite Filament Fabrication)
・積層ピッチは0.1mm(FFF)、0.2mm(CFF)
・造形サイズは30.5 x 16.0 x 16.0cm
・対応OSはMac OS 10.7以降、Windows XP以降、Linux(限定サポート)
・対応ブラウザはChrome 30以降、Firefox 10以降、Safari 6以降(限定サポート)
・ファイル形式はSTL、OBJ
・WiFi、USB、SD Cardとの接続に対応
17.
CellP
有限会社岡田商店
176,800円
株式会社ビックカメラ

118,000円
株式会社ソフマップ

PLA, 0.1 ・3Dプリンター「CellP」を組み立てるセットのパーツを販売
・日本の有限会社岡田商店が運営するRobotma.comから誕生
・積層方向の解像度は0.1mm
・RepRap派生プロジェクト
・CellP projectのコミュニティーがある
18.
3D TOUCH
3D Systems
PLA,ABS, 0.125 ・材料はABS、PLA。
・データの受け渡しはUSBメモリを利用
・最大3色の同時出力が可能
・後継はCubeX
19.
MAESTRO
インタービジネスブリッジ合同会社
285,000円
インタービジネスブリッジ合同会社

PLA,ABS, 0.05 ・高さ32cmxφ21cmと大きい造形物が作成可能
・積層ピッチは最小50μm(0.05mm)~
・素材はPLA.
・トリプルファン搭載でオーバーハング角度60度でもサポートが不要
・機構部分は全て金属部品を使用で高い剛性をもつ
・デルタ型の3Dプリンター
・ソフトはKisslicerを推奨。Cura/Simplify3Dも使用可能
・DIYのキット形式と、組み立て済み完成品の2種類から選択
・完全日本語マニュアルと日本語サポート付き
・プリントヘッドと交換できる追加オプションが可能
・追加オプション1:レーザー刻印ヘッド発売中
・追加オプション2:ヒートベッド2016年の夏発売予定
・追加オプション3: Dualノズル2016年の夏販売予定
・日本のクラウドファンディングサイトMakuakeで2015年3月当時史上2位の約2,750万円を獲得
20.
SCOOVO C170
株式会社オープンキューブ
189,000円
株式会社オープンキューブ

PLA, 0.1 ・国産パーソナル3Dプリンタ
・日本語ソフトウェアと日本語マニュアル
・最少積層ピッチ100μ(0.1mm)
・硬質アルミニウムを採用したスマートスライドレール(SSR)
・非加熱式ベッド
・1年間無償保証
21.
Blade-1
株式会社ホットプロシード
PLA,ABS, 0.2mm ・日本製
・MakerSlideにより高い静粛性
・耐久性のあるオール金属製ヘッド
・reprap project からの派生
22.
Cube
3D Systems
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

159,800円
BRULÉ, Inc.

168,000円
株式会社イグアス

PLA,ABS, 0.2 ・お手軽コンパクト。
・本体にはカートリッジやデモデータ、USBメモリ等、最低限必要なものは一通りセットになっていて、すぐに出力を試せる
・本体に5色のカラーバリエーション
・積層方向の解像度は0.2mm
・材料はABSとPLAが利用可能
・カートリッジ式
23.
miniFactory 3D Printer
miniFactory Oy Ltd.
PLA, 0.1mm フィンランド製
24.
Makerbot Replicator 2
MakerBot® Industries, LLC
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

お問い合わせ
BRULÉ, Inc.

PLA, 0.1mm ・積層方向の解像度0.1mm
・前モデルに比べて高解像度の出力が可能
25.
Solidoodle 3G
Solidoodle
PLA,ABS, 0.1 ・非常に安価
・第2世代よりも大きなサイズが出力可能
・アルミ製台座、屋内照明を搭載
・ABS推奨(PLAもOK)
26.
UP! mini
Delta Micro Factory Corporation
129,800円
BRULÉ, Inc.

ABS, 0.2 ・そこそこ安価
・積層方向の解像度は0.25mm~。上位機種 UP!Plus よりは荒い
・材料は1.75mmのABS フィラメントであれば複数メーカのものが利用できる
・造形可能な最大サイズは120 x 120 x 120 mm
・筐体で覆われていて出力部分の温度が安定する、とのこと
・見た目がスタイリッシュ
27.
REPRAP PROFESSIONAL
オリオスペック
PLA, 0.05 ・オープンソースのRepRap.orgプロジェクトで開発された3Dプリンター
・積層ピッチは0.05mm
・出力最大サイズは20.0cm x 20.0cm x 18.0cm
・打ち出し模型角カーブ半径は0.15mm
・出力スピードは120mm/秒
・ファイル形式はSTL、Gコード
・対応ソフトはRepetier-HOST
・対応OSはWindows XP、Windows7、Windows、VISTA MacOS
・スタンドアローン出力に対応しており、液晶パネルでプリンターの設定も可能
28.
ZEUS
AIO Robotics, Inc
PLA, 0.1 ・クラウドファンディングKickStarterで11万1,111ドル(約1,100万円)を獲得
・小型の筐体に3Dスキャナと3Dプリンターを一体化
・3Dプリントの最大サイズは18(W)×15(H)×26(L)cm
・3Dスキャンの最大サイズは25.4(Dia)×17.8(H)cm
・搭載カメラ210万画素

・日本代理店ゲッコーアンドカンパニーで10月末日までに予約注文すると、税送料込みで249,800円(同代理店の通常価格は329,800円)
29.
Solidoodle 2G
Solidoodle
PLA,ABS, 0.1mm ・非常に安価
・金属フレーム
・ABS推奨
・最上位モデルは外装あり
30.
RepRap Mendel
PLA,ABS, HDPEほか 0.3mm ・自作3Dプリンター
・ABSワイヤーの送り量をステッピングモータで制御
・ハードウェア情報が公開されている
31.
Portabee
Portabee 3D Printer
PLA,ABS, 0.3 ・組み立て式(完成品での販売もあり)
・ポータブル
・積層方向の解像度 0.3mm
・最大出力サイズ 120×120×120mm
・材料はABS、PLAのフィラメント
・reprap project からの派生
・ハードウェア部品のSTLファイル等がgithubで公開されている
32.
Replicator2X
MakerBot® Industries, LLC
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

325,800円
BRULÉ, Inc.

PLA,ABS, 0.1mm ・積層方向の解像度0.1mm
・2色同時プリント可能
33.
Up! Plus
Delta Micro Factory Corporation
490,000円
株式会社オーピーティー

490,000円
株式会社テクノソリューションズ

PLA,ABS, 0.15mm ・積層方向の解像度は0.15mm~
・材料はABS、PLAのフィラメント
・造形可能な最大サイズは140W x 140D x 135H mm
34.
Replicator
MakerBot® Industries, LLC
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

PLA,ABS,あり 0.2 ・MakerbotのReplicator第一世代
・大きなサイズでも出力可能
・SDカードでデータを直接ビルド
・デュアルヘッド
35.
Mojo
ストラタシス・ジャパン(本社は米国Stratasys)
1,580,000円
丸紅情報システムズ株式会社

ABS, 0.178mm ・材料カートリッジとプリントヘッドが一体化しており、材料交換の都度、ヘッドも交換となる
・ノズルのメンテナンスがほぼ不要
・素材はABSplus樹脂
・色はアイボリー1色
・積層解像度は0.178mm
・最大出力サイズは127×127×127mm
・日本の代理店は丸紅
36.
Kuhling&Kuhling RepRap Industrial
Jonas Kühling & Simon Kühling GbR
PLA,ABS, 0.1 ・3方向全ての軸をリニアベアリング
・X軸、Y軸には2GT (GT2) ベルト
37.
ラクツク
X人の株式会社
・月額定額で利用可能(料金は未定)
・3Dプリンター本体と3Dデータのパッケージ。コミュニティとサポートは順次開始予定
・3Dプリンターは、「ダヴィンチ 1.0 Pro」をベースとしたラクツクオリジナルモデル
・定期的に3Dデータを配信
・サービス開始予定日は2016/10/14
・3Dプリンタ用コンテンツ提供システムは特許出願済み
・運営会社は、株式会社アイジェット、株式会社スマメ、X人の株式会社の共同事業
38.
PRN3D
マイクロファクトリー株式会社
PLA,ABS, 0.05 ・マイクロファクトリー株式会社が販売するRepRapの3Dプリンター
・出力最大サイズは、幅17.0cm x 高さ16.0cm x 奥行き17.0cm
・積層ピッチは0.05mm
・ノズル系は0.4mm
・使用できる素材はPLA、ABS
・ヒーテッドベッドを標準装備
・組み立てキットまたは、組立て済完成品が販売されている
39.
Cube3
3D Systems
PLA,ABS, 最小0.07 ・Cubeの第3世代機種としてCES2014で発表された
・出力最大サイズは、幅15.25cm x 高さ15.25cm x 奥行き15.25cm
・積層ピッチは最小0.07mm、FastModeでは0.2mm
・出力ヘッドが二つあり、二つの色を同時に出力可能
・23色選択可能で、そのうち2色は蛍光色
・使用できる素材はPLAとABS
・インクカートリッジを取り替えるときは、自動で調整してくれる
・WifiとUSBスティック(付属される)でプリントのデータを転送することができる
・Wifiを使い、iOS、Android、Widows向けCubifyアプリで出力コントロール可能
・ご家庭向けにも安全設計されており、使用推奨年齢は8歳以上
40.
Cube Pro
3D Systems
PLA,ABS,dissolvable natural 、Nylon 最小0.07 ・CubeProとして、CES2014で発表された
・1ヘッド出力(CubePro)最大サイズは、幅27.3cm x 高さ27.3cm x 奥行き24.1cm
・2ヘッド出力(CubePro Duo)最大サイズは、幅22.9cm x 高さ27.3cm x 奥行き24.1cm
・3ヘッド出力(CubePro Trio)最大サイズは、幅18.5cm x 高さ27.3cm x 奥行き24.1cm
・積層ピッチは最小0.07mm、SDModeは0.2mm、Fastmodeは0.3mm
・プリンターのスピードは、ポリマー次第ではあるが、1秒あたり最大15mm
・出力ヘッドが機種によって三つまであり、三つまでの色を同時に出力可能
・24色選択可能で、そのうち2色は蛍光色
・使用できる素材はPLA、ABS、dissolvable natural PLA、(nylonもいづれ対応)
・Nylonが対応可能になれば、熱や加重に対して、より耐性のある造形物を作ることができる
・ABS出力時の確度が向上している
・Wifiや本体に搭載されたタッチスクリーンでも操作可能
41.
CubeX
3D Systems
お問い合わせ
株式会社システムクリエイト

お問い合わせ
BRULÉ, Inc.

PLA,ABS, 0.1 ・最大3色(3種類の樹脂)同時出力が可能
・バスケットボールサイズの出力が可能
・積層解像度は0.125mm
・材料はABSとPLAが利用可能
・カートリッジ式
42.
ScoovoX4
アビー株式会社 (Abee Corporation)
PLA, 0.05 ・アビー株式会社に株式会社オープンキューブが統合されてから、初の3Dプリンター
・上位モデルのScoovoX9と同等の、積層ピッチ最小50ミクロン(0.05mm)を実現
・パーソナルユースでありながら、ビジネスシーンでも十分に使用することができる
・本体の奥行きわずか26.7cmで、設置場所を選ばない
・本体には、その構成のおよそ9割に日本製の部品を採用してる
・海外メーカーの3Dプリンタと比べて、ランニングコストが低い
・出力最大サイズは、幅14.0cm x 高さ18.0cm x 奥行き10.0cm
・10色の純正PLAフィラメントを選択可能
・ファイルデータ転送方法は、USB2.0ケーブルを使用
・サポートOSは、Windows XP / Vista / 7 / 8 / 8.1 (32bit / 64bit対応)
・発売予定日は、2014年 6月25日(6月9日よりアビーストアにて先行予約開始)
・発売予定場所は、アビーストア、全国の家電量販店と小売店
・1年間無償保証を付帯
43.
da Vinci Nobel 1.0
XYZプリンティング
0.025 ・「da Vinci Nobel 1.0」を、台湾で開かれた2014年Computexで発表
・メーカーXYZプリンティングは、「da Vinci1.0」でEDITORS CHOICE AWARDを受賞している。それが何と、またもや「da Vinci1.0」 が今回のComputexで、ベストデザイン賞を受賞した。
・2500ドル以下と、SLAプリンター類では、最も手にしやすい価格帯にする予定
(SLAとは、ステレオリソグラフィー「光造形法」のこと)
・ジュエリーデザイナーや歯医者など、素早いモールド工法が必要な業界向けとのこと
・Resin-filling mechanism(レジン〔樹脂とも言う〕充填メカニズム)が向上
・ユーザーは常にレジンを充填しなくても、安定した出力クオリティーを保てる
・出力最大サイズは、幅12.7cm,高さ約20cm,奥行き12.7cm
・出力解像度は、0.025mm(25ミクロン)
・発売予定時期は、2014年第4四半期(2015年とも記載)

※筆者、XYZプリンティングに問い合わせたところ、この商品に関しての正式発表をしていないという返事でした。上記以外のことや他のウェブサイトに載っている関連情報もお答えすることができないということです。今後、正式に発表されるまで待つしかなさそうですね。
44.
da Vinci 1.0 AiO, da Vinci 2.1 AiO
XYZプリンティング
ABS, ・『da Vinci 1.0 AiO』と『da Vinci 2.1 AiO』を、台湾で開かれた2014年Computexで発表
・メーカーXYZプリンティングは、「da Vinci1.0」でEDITORS CHOICE AWARDを受賞している。それが何と、またもや「da Vinci 1.0」 が今回のComputexで、ベストデザイン賞を受賞した。

※両機ともにある特徴
・5分で物をスキャンできる3Dスキャナーを搭載
・オートキャリブレーションとノズルクリーニングをしてくれる
・不完全なスキャンデータを、自動的に補修してくれる機能搭載
・出力最大サイズは、幅20cm,高さ20cm,奥行き20cm
・スキャン最大サイズは、幅15cm,高さ15cm,奥行き15cm
・造形材料は、ABSフィラメント
・1年間無償保障付帯

※「da Vinci 1.0 aio 」のみにある特徴
・ノズルは1つ、そのため名前の数字を1.0と表記
・発売予定時期は、2014年第4四半期
・発売予定価格は、700ドル

※「da Vinci 2.1 Aio 」のみにある特徴
・ノズルは2つ、そのため名前の数字を2.1と表記
・5インチの前面カラータッチスクリーンあり
・USBスティックとWifiを使用して、データ通信が可能
・AndroidやiOS アプリを使用して、3Dプリントモデルの出力設定ができる
・発売予定時期は、2015年前半
・発売価格は、未定

※筆者、XYZプリンティングに問い合わせたところ、この商品に関しての正式発表をしていないという返事でした。上記以外のことや他のウェブサイトに載っている関連情報もお答えすることができないということです。今後、正式に発表されるまで待つしかなさそうですね。
45.
da Vinci 2.0 duo, da Vinci 2.1 duo plus
XYZプリンティング
PLA,ABS, 最小0.1 ・ニューヨークで4月に開かれた3D Printing Conference and Expoで2機を発表
・メーカーであるXYZプリンティングは、「da Vinci1.0」をEDITORS CHOICE AWARDや、2014年ComputexTaipeiでのベストデザイン賞を受賞している

※両機ともにある特徴
・XYZのクラウドサービスと連携する予定
・2つノズルを搭載し、出力毎に2色同時使用が出来る
・12色のABSとPLAフィラメントを選択可能
・本体サイズは、幅46.7cm,高さ50.8cm,奥行き55.9cm
・積層ピッチは、最小100ミクロン(0.1mm)から最速モード400ミクロン(0.4mm)まで四段階
・出力サイズは、幅15.0cm,高さ19.8cm,奥行き19.8cm
・USB 2.0でデータ通信可能
・サポートOSは、Windows XP ( .Net 4.0必須)/ Windows 7 以上、Mac OSX 10.8/64bit以上

※『da Vinci 2.1 duo plus』のみにある特徴
・アンドロイドベースの5” LCDタッチパネルで、アプリでの操作も可能となる予定
・USB2.0に加えWiFi、LAN、USBスティックでの通信が可能
・カメラモニター搭載
46.
COBOT
University of Art and Design Offenbach (ドイツの美術大学)
PLA,PVA,ABS, HIPSLaywood Laybrick Conductive 実験的にPA (Nylon) 0.05 ・ドイツ大学University of Art and Design Offenbachに在籍している3人の学生が、2年以上かけ3Dプリンターを開発し、2015年春発売にこぎつけることができた。

・交換できるデュアルヘッドに積層ピッチ50ミクロン(0.05mm)と、現在市販されている3Dプリンター並みに高性能であるとともに、公式に対応するフィラメントの種類がとても多い。
・使用できるフィラメントは、一般的であるPLA,PVA,ABS、その他にHIPS,Laywood, Laybrick, Conductive ABSに、実験的にPA (Nylon)を使用可能である。
・Permanent Print Surfaceという、出力時にフィラメントの接着ミスなどを未然に防いでくれる機構も完備している。
・メンテナンスは、ベアリングの潤滑油を注ささなくてよいなど、費用を低く抑制
・デュアルヘッドは、口径 0.25mm toから0.6 mmの間で交換可能
・本体サイズは、幅43.0cm x 高さ43.0cm x 奥行き41.0cm
・出力サイズは、幅21.0cm x 高さ27.0cm x 奥行き21.0cm
・ライン解像度は、150ミクロン(0.15mm)
・ サポートソフトウェアは、主流スライスソフトウェア、例えばCura, Slic3r, Simplyify3D, netfabb

・値段は4000ユーロ(日本円にして55万~56万円)と決して安くはないけれど、高性能、メンテナンス費用抑制、使用可能フィラメント多数などのことを考えてみれば、購入を一考する価値があるのではないでしょうか?
47.
LUNAVAST-PRUSA-i3
有限会社エイジアネット(ルナヴァースト)
PLA,ABS, 0.1 ・オープンソース3Dプリンター標準機 Prusaシリーズの、最新モデルPrusa i3を基にした改良版
・組み立て安さを考慮した設計で、ハンダ付け作業は必要がない
・フレームパーツは、高強度で透明度の高いPLEXIGLASを使用
・最大2本のノズルを制御可能なRAMPS 1.4 コントローラーパーツを同梱
・フィラメントは、PLAとABSの2種類、口径1.75mmが使用可能
・本体サイズは、幅42.0cm,高さ38.0cm,奥行き37.0cm
・出力サイズは、幅20.0cm,高さ18.0cm,奥行き20.0cm
・積層ピッチは、最小100ミクロン(0.1mm)
・USB でデータ通信可能
・サポートOSは、Windows,Mac,Linux
・納期は、受注後約2週間
48.
OPM250L
株式会社ソディック
・第27回日本国際工作機械見本市(JIMTOF2014)に出展予定
・粉末金属の溶融凝固と、ミーリング仕上げ加工を1台でまかなう高精度加工機
・大きなストロークにより厚物の造形物も製作可能
・大出力500wレーザーを採用
・自社製ハイスピードミーリングセンタで適用範囲が広い安定した仕上げ加工できる
・自社製リニアモータを採用し、高㏿性と高精度を両立
・CAMにより生成されたNCプログラムを忠実に実行する全自動機
・本体サイズは、幅187cm,高さ205.5cm,奥行き220cm
・最大出力サイズは、幅25cm,高さ25cm,奥行き25cm
・最大積載質量は、100㎏
・機械質量、4500㎏
・2014年10月から販売を開始予定
49.
MakiBox A6 LT
有限会社エイジアネット(MakiBOX)
PLA, 0.1 ・香港の3DプリンターメーカーMakible Limitedが開発
・Makible Limitedの代理店、有限会社エイジアネットのオンラインストアMakiBox Japanから購入可能
・部分的に組立済みのセミアッセンブリーキットで、簡単なネジ止め作業と微調整のみで組み立てられる(標準組み立て時間約2時間)
・積層ピッチは0.1mm
・出力最大サイズは15.0cm x 9.0cm x 11.0cm
・使用できる素材はPLA (1.75mm径)で、1kgあたり2,580円
・アクリル製のヒーテッドベッドを装備
50.
MakiBox A6 HT
有限会社エイジアネット(MakiBOX)
PLA,ABS, 0.1mm ・香港の3DプリンターメーカーMakible Limitedが開発
・Makible Limitedの代理店、有限会社エイジアネットのオンラインストアMakiBox Japanから購入可能
・部分的に組立済みのセミアッセンブリーキットで、簡単なネジ止め作業と微調整のみで組み立てられる(標準組み立て時間約2時間)
・積層ピッチは0.1mm
・出力最大サイズは15.0cm x 9.0cm x 11.0cm
・使用できる素材はPLA(1.75mm径)とABS(1.75mm径)で、いずれも1kgあたり2,580円
・アクリル製のヒーテッドベッドを装備
51.
Replicator (5th generation)
MakerBot® Industries, LLC
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

339,800円
BRULÉ, Inc.

PLA, 0.1 ・Replicatorの第5世代機種としてCES2014で発表された
・出力最大サイズは、幅19.9cm x 高さ15.0cm x 奥行き25.2cm
・積層ピッチは0.1mm
・使用できる素材はPLA
・USB、イーサネット接続ができ、WiFiにも対応する予定
・オンボードカメラを搭載し、プリント中の様子を確認したり、撮影することが可能
・プリント終了後には、自動的に造形物の写真が撮影される
・造形物の写真は、MakerBot Thingiverseやソーシャルメディア等でスムーズにシェアする事ができる
・モバイル機器から、Replicatorのプリント状況確認等が出来るアプリが2014年の春にリリースされる予定
52.
Replicator Mini
MakerBot® Industries, LLC
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

お問い合わせ
BRULÉ, Inc.

PLA, 0.2 ・Replicatorの第5世代機種としてCES2014で発表された
・出力最大サイズは、幅10.0cm x 高さ12.5cm x 奥行き10.0cm
・積層ピッチは0.2mm
・使用できる素材はPLA
・USB、イーサネット接続ができ、WiFiにも対応する予定
・プラットフォームの高さ調節が不要
・他のReplicatorシリーズと比較すると、最大造形サイズは最も小さいが、低価格で印刷速度も速く、ユーザーインターフェイスも優しい初心者向けの機種
・オフィシャルサイトでは、初心者でも気軽に3Dデータを作成できるタブレット向けアプリMakerbot Printshopや、3Dデータを低価格から購入できるMakerbot Digital Storeが案内されている
・オンボードカメラを搭載し、プリント中の様子を確認したり、撮影することが可能
・プリント終了後には、自動的に造形物の写真が撮影される
・造形物の写真は、MakerBot Thingiverseやソーシャルメディア等でスムーズにシェアする事ができる
・モバイル機器から、Replicatorのプリント状況確認等が出来るアプリが2014年の春にリリースされる予定
53.
Makerbot Replicator Z18
MakerBot® Industries, LLC
お問い合わせ
日本バイナリー株式会社

お問い合わせ
BRULÉ, Inc.

PLA, 0.1 ・Replicatorの第5世代機種としてCES2014で発表された
・出力最大サイズは、幅30.5cm x 高さ45.7cm x 奥行き30.5
・積層ピッチは0.1mm
・使用できる素材はPLA
・USB、イーサネット接続ができ、WiFiにも対応する予定
・同時に複数の造形物をプリント可能
・オンボードカメラを搭載し、プリント中の様子を確認したり、撮影することが可能
・プリント終了後には、自動的に造形物の写真が撮影される
・造形物の写真は、MakerBot Thingiverseやソーシャルメディア等でスムーズにシェアする事ができる
54.
SCOOVO X9
株式会社オープンキューブ
PLA,ABS, 0.05 ・プリンターボディの約9割に日本製の部品を使用することで、高い造形精度と信頼性を実現
・ヘッドエリアの2つの冷却ファンとヒートシンクにより、ノズル内部の熱上昇によるフィラメントの詰まりを抑制
・ヘッドの小型軽量化で、反復稼動時に微妙に生じるヘッドのオーバーランを軽減
・ソフトウェアとマニュアルは日本語対応
・出力最大サイズは、幅20.0cm x 高さ23.0cm x 奥行き17.0cmで、従来モデル(C170)との容積比は約2倍
・積層ピッチは0.05mmで、熱溶解積層方式のパーソナル3Dプリンタでは世界最高クラス
・使用できる素材はPLA、ABS
・X9の純正フィラメントは高品質で、海外メーカーの3Dプリンタと比べてランニングコストも低い
・対応OSはWindows XP、Vista、7、8、8.1 (32bit / 64bit対応)
55.
Bellulo
株式会社システムクリエイト
PLA, 0.05 ・造形精度に関わる駆動部品の多くに国産パーツを使用
・ヘッドを軽量化して、これまでよりも安定した造形が可能
・データ変換ソフトの「SIMPLIFY3D」が付属
・「モデリングコート」を使うと仕上げがつやつやになる
・3種類の材料が使える

Poly Plus(ポリプラス)
色が豊富
全11色(半透明4色)

Poly Max(ポリマックス)
ABSライクPLA、安定した造形が可能
全2色(白、黒)

Poly Flex(ポリフレックス)
軟質PLA、グニャッとしたものが作れる
全4色(白、黒、黄、橙)
56.
HBOT 3D
有限会社エイジアネット(ルナヴァースト)
PLA,ABS, 0.1 ・ポーランドの3D Printers Sp. z o.o.の製品で、日本ではオンラインストア「3Dプリンター Lunavast(ルナヴァースト)」から販売
・高剛性アルミ溶接フレーム・レーザー加工部品・日本のミスミ社製の直動部品の使用により、高精度・高速出力を実現
・出力最大サイズはクラス最大で、幅30.0cm x 高さ30.0cm x 奥行き30.0cm
・積層ピッチは0.1mm
・使用できる素材はABS、PLA
・USB、イーサネット接続
57.
C4C
ArrayZ
79,800円
オレンジデザイン株式会社

PLA,ABS, 0.1 ・オレンジデザイン株式会社が運営するサイトWEEKEND MAKERSが、香港のArrayZ社との協力で販売
・WEEKEND MAKERSのサイト上ではC4Cに関する記事が掲載、更新され、3Dプリントの参考になる情報を確認できる
・出力最大サイズは、幅20.0cm x 高さ20.0cm x 奥行き18.0cm
・積層ピッチは0.1mm
・使用できる素材はPLA、ABS
・USB、SDカード接続
・自動水平調整機能
・2014年4月末から日本販売予定(写真は試作機の為、実際販売されるものと一部異なる)
・4月末日までに予約し、WEEKEND MAKERS labでのアカウント作成すると、モニター価格として69,800円で購入可能

WEEKEND MAKERSの商品詳細ページはこちら
問い合わせページはこちら
※購入の際は必ず公式サイトの詳細ページよりご確認ください。
※人気順は個別ページ表示数やレビュー、お問い合わせ状況を総合的に判断した結果です。

facebookのコミュニティに参加しよう!
3Dプリンタースタジオのfacebookページにいいね!を押すとコミュニティに参加できます。
いますぐ参加して最新情報をゲットしよう!