3Dプリンタースタジオ


ローカルエリアで3Dプリントの依頼や受注ができるコミュニティサイト『3D Hubs』

3D Hubs: Local 3D printing services and 3D Printers

特徴・まとめ

・プリントしたい3Dデータをオンライン上にアップロードし、ローカルにいる3Dプリンターのオーナーにプリントを依頼できる
・3Dデータは、オンラインデータベース上から好きなものを選ぶか、自分で作成したものでもよい
・3Dプリントコミュニティはヨーロッパ、アメリカをはじめ、世界中に拡大中
・日本では、東京が3Dプリントコミュニティに登録されている(2013年10月現在)
・使用できる素材はABSとPLA(2013年10月現在)
・プリントされた製品は直接受け渡しが理想だが、発送依頼も可能
・プリント依頼から受け取りまでの日数は平均2日前後(受け渡し方法による)

料金・注文の流れ

・3Dプリンターのオーナーによって異なる
・オーナーによっては、プロフィールページから料金情報を確認できる
(プロフィールページの掲載項目は、機種、製作日数、依頼の初期費用、プリントの品質、素材ごとの色や価格など)

関連リンク

3D PRINTER STUDIO 翻訳プロジェクト

やあ、こんにちは!3Dプリンターに興味があるだって?
ご存知の通り3Dプリンタースタジオは日本語のサイトだ。
でも、日本の情報をもっと世界に向けて発信したいと思っている。
そのためには英語化が必須なんだ。

3Dプリンタースタジオの翻訳プロジェクトに参加してみないか?
ぜひ、君の力を貸して欲しい。



CLOSE

関連コンテンツ



フォローして最新情報をゲットしよう




follow us in feedly

About Author

藤沢康子
藤沢康子
自由(な発想の人たち)を求めて2008年に渡米。現在とりあえずグラフィックデザイナー。路地裏から大通りまで、ストリートな人たちから科学者まで、気になることはすかさず確認。 子供の頃に本を読みながら「未来すげー!」とワクワクしていた「未来」を身近に感じさせてくれる3Dプリンターと、それを取り巻くストーリに着目した記事を、初心者にも分かりやすく、上級者にも興味を持ってもらえるように書いていきます。

関連するトピック